スポーツ救急手当 TOPページ

10/18 プロバイダー熱中症・感染防止(環境障害)コース受講申込み

※本コースの受講申込み期間は終了しました。

10/18 プロバイダー熱中症・感染防止(環境障害)コース受講要項

1.趣  旨

体育・スポーツ施設の管理者及び指導者は、施設利用者の事故等の緊急時に直面することも多く、その事態に迅速かつ的確に対応するためには、AEDの設置、適切な管理運用、緊急連絡体制の構築等に加え、事故に対し適切な救命活動を行える人材の育成や配置が重要な課題となっています。

養成講習会の「スポーツ救急手当講習会基礎コース」ではCPR&AEDの取扱いを含む基本的な内容を学びますが、今回は講習会最終日の午後に「スポーツ救急手当講習会プロバイダー熱中症・感染防止(環境障害)コース」を開催します。

このコースは、基礎コースには含まれない熱中症対策や感染症対策に特化した内容 が中心ですので、一定の頻度で熱中症等の現場に遭遇する可能性が高いと考えられる施設関係者の方、あるいは、熱中症対策・感染症対策の習得に意欲のある方 は、ぜひ合わせての受講をご案内します。

なお、このコースは任意の講習会ですので、第66回公認体育施設管理士養成講習会とは別途の受講申込み手続きが必要です。詳しくは下記7、8をご確認いただき、期間内にお手続きください。

2.主催

公益財団法人日本体育施設協会

3.開催日時

2019年10月18日(金)  12:30~16:30 

4.受講料

8,100円/1名(講習代、資格認定申請料、嘔吐処理キット代)  ※3年に1度更新があります。

5.会場

国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟 5階502室(予定)/東京都渋谷区代々木神園町3-1

  • 小田急線 参宮橋駅下車徒歩7分
  • 東京メトロ千代田線代々木公園駅(代々木公園方面4番出口)徒歩10分
  • 京王バス新宿駅西口(16番)・ 渋谷駅西口(40番)より代々木5丁目下車

    国立オリンピック記念青少年総合センター アクセス

6.講習内容

「スポーツ救急手当講習会プロバイダー熱中症・感染防止(環境障害)コース」

  1. 受講資格: スポーツ救急手当講習会基礎コース修了者、消防及び日赤救命資格等保有者
  2. 内 容: 熱中症対策(熱中症概論 発症メカニズム 主要な病態・症状・手当 暑さ指数の意味と測定 適切な水分補給の仕方 適切な空調の運用)及び感染症対策(施設における感染症 消毒・殺菌のあり方)
  3. 定 員: 40名(催行最少人員:20名、ただし定員に満たない場合は開催を中止する場合もあります。)

7.申込期間

2019年8月19日(月)~8月27日(火)(午前中必着)

8.申込方法

  1. 【Webフォーム】から、またはPDFを印刷・必要事項を記入し郵送で、申請書類を送付してください。
  2. 本コースの受講の可否については申込期間終了後、「第66回公認体育施設管理士養成講習会」 とあわせて、それぞれ申込者にメールで通知いたします。
  3. 本コースの受講料の納入方法は2.により受講が内定した方へ、「第66回公認体育施設管理士 養成講習会」とあわせてご案内いたします。
  4. 受講内定後(2.のメール受信後)に受講を棄権する場合は必ず本協会(TEL:03-5972-1982) へご連絡ください。
  5. 各費用納入後の返金はいたしません。

9.受講申込み

※本コースの受講申込み期間は終了しました。

受講申し込みにあたり提供いただく個人情報は、本講習会の運営・管理及び諸連絡に使用いたします。また、本協会は本講習会における受講管理の一部を業務委託します。業務委託にあたり、個人情報の取扱いには厳重に管理し、本協会の事業目的以外には使用せず、ご本人の同意無しに第三者に開示・提供することはありません。

10.お問い合わせ先

受講料納入・受講棄権以外の、本講習会に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。

公益財団法人日本体育施設協会 講習会運営事務局 株式会社イーシーオー
電話 050-3776-5712 FAX 048-662-7522  お問い合わせフォーム
〒331-0823 埼玉県さいたま市北区日進町3-505 アクロプレステージ1? 702