スポーツ救急手当 TOPページ

 

プロバイダー資格認定について

体育・スポーツ施設においては、施設の安全管理(指定管理者の要件)としてAED設置や緊急連絡体制の整備はもちろんのこと、そこに従事されている皆様の適切な救急手当に関する知識及び技術の習得と、それを的確に実践するための取り組みが求められます。そのため、体育・スポーツ施設従事者の皆様は、最低限AEDの取扱いを含む救急手当に関する講習会を受けることが必要です。

(公財)日本体育施設協会(以下、当協会)は、公的なルールに従い、ガイドラインに沿ったプログラムで講習会を実施しております。

「プロバイダーコース」では、一定頻度者が行なう救急手当について、体育・スポーツ分野に特化した専門的な知識・技術を身につけ、また、自ら勉強会を開催して救急手当を広く普及することのできる資格が取得できます(※酸素救急資格は含みません)。

プロバイダーコース修了者には、当協会スポーツ救急手当医事管理委員会認定の資格を付与され、プロバイダー資格認定証及び認定カードが発行されます。

認定カードサンプル ※認定カードサンプル

プロバイダー資格概要

資格名称 公益財団法人日本体育施設協会スポーツ救急手当プロバイダー資格
認定団体 公益財団法人日本体育施設協会
スポーツ救急手当医事管理委員会
有効期間 3年間

プロバイダーコース開催概要

申込人数 1名様よりお申込みいただけます。
(但し、お申込みが10名様に満たない際は中止の場合あり)
講習時間 5時間
受講料(含まれるもの:講習代、資格認定申請料) 8,100円/1名
コース内容 ・理論講習

・実技実習
(1.心肺蘇生 2.AED 3.シミュレーション(施設内等の現場を想定した事故対応) 4.外傷の応急手当 5.止血法 6.搬送法 7.熱中症 8.寒冷症)
参加条件 ・18歳以上の方

・規約に同意できる方

プロバイダーコース開催の流れ

※リンクは別ウインドウで開きます。

 受講申込み手続き

参加コースを選択し、受講申込み手続きをしてください。

コース開催のお知らせ 

 開催日

プロバイダーコース開催日

※「当日のご案内」にて集合時間・場所等ご確認ください。 
※認定証・認定カードは当日発行します。

 3年後

資格更新 

更新案内を郵送します。住所変更の際はご連絡下さい。

プロバイダー資格取得者が開催可能なプログラム

コース名 対象者 開催可能人数
ファーストエイダーコース 施設利用者等 1(実施員):30以内(参加者)

※コース開催についての概要は、下記ページをご参照ください。

ファーストエイダーコース開催について

資格更新

3年ごとの更新時には手続き方法等を受託会社よりご案内いたします。

プロバイダー資格更新について

ページTOPへ